世界各国の契約農園豆と12000アイテム以上の業務用食品

MENU

契約農園

契約農園Contract Farms

モンテアレグレ農園

ブラジル

ミナスジェライス州南部
海抜1000m~1100m
水洗方法:非水洗式

  • モンテアレグレ農園
  • モンテアレグレ農園

画像クリックで拡大

モンテアレグレ農園
ブラジル、ミナスジェライス州南部、標高1,000~1,100mのアルフェナス近郊に位置し、 ブラジルスペシャルティコーヒー協会(BSCA)のメンバーでもあるモンテアレグレ農園は、 スペシャルティコーヒー界に名だたる大農園です。
所有面積はおよそ2700ha…!これはコーヒー大国ブラジルにおいても、 単一農園が管理する規模としてはトップクラス。そして大規模なだけでなく、 設備は常に最新を保持しており、栽培・収穫・精選・品質管理等、 全ての工程において細心の注意をはらっています。
また、農園主のジョゼ・フランシスコ・ペレイラ氏は、 BSCAの会長を務めたこともある偉大な人物であり、 コーヒーの品質管理・工場に一際暑い情熱をもっています。
当社グループでは2013年から、契約農園として交流がスタート。 当社グループのトップ「秋本」が毎年農園を訪れ、カッピングやミーティングを通し、 品質について密に意見交換を行っています。

エルケツァール農園

ニカラグア

マタガルパ
海抜1300m~1400m

  • エルケツァール農園
  • エルケツァール農園
  • エルケツァール農園

画像クリックで拡大

エルケツァール農園
2015年2月、当社グループのトップ「秋本」がこの農園を訪問、 農園主のパコ・ヴェンダーナ氏と親交を深めました。 エル・ケツァールでは、収穫したコーヒーチェリーをその日の内に乾燥処理場へ運びます。 乾燥処理場は、常に強風が吹いている谷の斜面・高台に位置します。 コンクリート製の乾燥場に通気性の良い特殊素材を敷き、 その上に合成樹脂の網を敷くことで、高温での乾燥を回避し、 且つ乾燥時間が短縮されるよう工夫されています。

パッセイオ農園

ブラジル

ミナスジェライス州南部
海抜1000m~1280m
精選方式:非水洗式

  • パッセイオ農園
  • パッセイオ農園
  • パッセイオ農園

画像クリックで拡大

パッセイオ農園
パッセイオ農園は1890年代からコーヒー栽培を始め、 現在の農園主はアドルフォ(Adolfo Henrique Vieira Ferreira)氏です。
標高1100mから1200mの丘陵地帯にあり、 火山性ミネラルを含んだ肥沃な土壌に恵まれているので、この地域は古くから、 高品質のコーヒーが出来ることで有名です。 しかし、好環境に甘んじることなく、世代交代の都度、生産技術の革新を行い、 品質と生産効率の向上をはかっています。
生産処理方法はナチュラルとパルプドナチュラル。 また栽培品種もムンドノーボやブルボンなど、多様な商品を揃え、 COE(カップ・オブ・エクセレンス)の常連として世界のコーヒーロースターに知られています。
また、COEの前身であるICTのグルメコーヒープロジェクトの農園として、 1997年に初めて水流によるコーヒーチェリーの比重選別機とグリーンセパレータを導入しました。 現状に満足することなく常に新しいことに取り組む姿勢が、 高品質コーヒーを生み出し続ける一因となっています。

ラペルラ農園

グアテマラ

海抜1100m~1800m
精選方法:水洗式、天日乾燥

  • ラペルラ農園
  • ラペルラ農園
  • ラペルラ農園

画像クリックで拡大

ラペルラ農園
ラ・ペルラ農園は、グアテマラでも有名な農園の一つ。 カップ・オブ・エクセレンスをはじめ数多くのオークションで常に上位にランクインし、 その素晴らしい風味が高く評価されています。
当社グループでは、2006年のカップ・オブ・エクセレンスで第4位に入賞したラ・ペルラ農園のコーヒーを落札しましたが、 その風味の素晴らしさに大変驚きました。
シトラス系の明るく軽い酸味と透き通るようなキレの良い味わいが特徴です。 グレードはSHB(ストリクトリー・ハード・ビーン)となり、 規格でいえばスタンダードなコーヒーではありますが、一般的なSHBとは明らかに一線を画す仕上りになっています。
グアテマラをはじめ中米の国々で高地産のコーヒーほど品質が良いとされており、 昼夜の気温差が激しくなる高地特有の環境がコーヒーを硬く引き締まったものに仕上げていくと考えられているため、 ハードビーン(硬い豆)=高品質のコーヒーと捉える傾向にあります。

サンクリストバル

グアテマラ

コパン県サンクリストバル地区 
海抜1400m~1700m
精選方法:ハニープロセス

  • サンクリストバル
  • サンクリストバル
  • サンクリストバル

画像クリックで拡大

サンクリストバル
オーナーのマックス・キリン(Max Quirin)氏は、 グアテマラで最も権威のあるコーヒー協会「アナカフェ(Anacafe)」の理事長を務めたこともある人物。 退任後の今は、高品質のコーヒーの輸出業者として活躍されています。
コパン県で長年信頼関係を築いてきた、約30の農園からコーヒーチェリーを買い付け。 コパン県は湿度が高いため、長期間の保管はせず、コパンから250km程南にある、 アマティトラン地区に搬送し、そこで最終処理を行います。
2015年2月に当社グループのトップ「秋本」が、同氏を訪問。 コーヒーへの情熱で互いに意気投合し、新たなパートナーシップを結びました。

モンテ・コリナス農園

コロンビア

メデリン地区
海抜1500m~2100m
精選方法:水洗式

  • モンテ・コリナス農園
  • モンテ・コリナス農園
  • モンテ・コリナス農園

画像クリックで拡大

モンテ・コリナス農園
モンテ・コリナスはコロンビアでも有数の古くからの家族経営コーヒー農園であり、 設立は半世紀以上前にさかのぼります。 場所は首都ボゴタの北西に位置するメデリン地区。 ここは良質なコーヒーの産地であり、 他にアルメニア地区・マニサレス地区の2つを合わせてMAMS(マムス)と称されることもあります。
農園を取り巻く気候は、渓谷からの暖かい空気と高い山々からの冷たい空気が流れ込むことにより、 とてもユニークな特性を示します。 そしてそれは、スペシャルティコーヒーの栽培に理想的といわれる”micro-climates(微気候)”を作り出しているのです。
従業員数は461名。 農業分野の様々な事業を行っていますが、 コーヒーと畜牛を主要事業としており、コーヒー豆の栽培は一族の長い伝統に従い注意深く、 そして愛情豊かに行われています。

ワハナ農園

インドネシア

北スマトラ州、シディカラン
海抜1300m~1500m
精選方式:スマトラ式、天日&機械乾燥

  • ワハナ農園
  • ワハナ農園

画像クリックで拡大

ワハナ農園
ワハナ農園の最大の特徴は「収穫から輸出までの一貫生産」が可能なことです。
一般的なマンデリンは、非常に沢山の小農家で、熟度もバラバラに収穫されたコーヒーチェリーが、 仲買人を経由、もしくはそのまま集荷業者に売られていきます。 そして輸出業者へと渡り、ブレンドされて一定量の商品に仕上がりますが、 前述の通り、最初の収穫の時点で熟度はバラバラ。 しかも輸出業者に渡るまでのルートもバラバラなので、一定量の商品でも、 その品質は「一定」ではなく、とても不安定な状態なのです。
ワハナ農園では完熟チェリーを手摘みで収穫することは勿論のこと、 収穫後は農園内にある精選工場に持ち込み、全てのチェリーを一元的に精選するので、 品質が極めて安定しやすく、マンデリンのキャラクター(個性)を存分に味わうことができます。